【美容】高い日焼け止めと安い日焼け止めの違い

【美容】高い日焼け止めと安い日焼け止めの違い

【日焼け止めを知る】

皮膚に当たる紫外線をブロックすることによって、日焼けや皮膚の光老化を予防するための製品であり、日やけ止め、また日焼け止めとも呼ばれる。剤形としてはクリーム状、乳液状、ジェル状などが存在し、日本国内法においては日焼け止め化粧品に該当する。

日やけ止めに配合されている成分である紫外線防御剤は、大きくわけて「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2種類に分類できる。それぞれ名前の通り、拡散剤は紫外線を物理的に反射し、吸収剤は紫外線を化学的に吸収し、肌に紫外線が届くのを防ぐ。SPF30や50といった効果の高い日焼け止めには散乱剤および吸収剤の両方が多くの製品に使用されている。

紫外線に関しては、こちらを参考にしてみてください。

まず初めに…

メカニズムの違いと価格は関係がない。

前述の通り、日焼け止めの仕組みは大きく分けて2つで、紫外線を反射する「紫外線散乱剤」タイプと、紫外線を化学的に吸収し紫外線を皮膚に届かない様にする「紫外線吸収剤」タイプの2つ。

値段の差は何で生じるのか?見ていきましょう!

【プラスαの作用の有無】

例えば、あの高くて有名なアネッサの日焼け止めなんかは、

・ウォータープルーフなのに石鹸で落ちる素材を使っている。
・保湿成分がしっかり配合されている。
・独自のUVブロック処方

などと、ただ紫外線を防ぐだけの役割+αの機能性がついてきます。

その他にも…

・化粧下地としても使える
・ビタミンやヒアルロン酸などが配合されてる
・美白効果がある
・紫外線を究極までカットする新テクノロジー
・アロマティックホワイトフローラルブーケの香り

などなど、付加価値がついていてお得感満載のものがほとんど。

といった具合に、値段が高いとそれなりにプラスαの作用が付加されており、やはり性能に差はでます。

【開発費と広告費】

高い日焼け止め、特に有名なものは、商品の開発費、広告料が含まれている

当然と言えば当然ですが…

【成分】

価格の安い日焼け止めは、

●原材料のコストを安く抑えるために肌への刺激が強い成分が使われいる。
●添加物等が多く入っている

などの場合が多いです。

もちろん、低価格でも良心的な製品はあります。

安い日焼け止めには以下のように体に悪い成分が含まれている事が多いです。

◇ 体に悪い成分
・合成界面活性剤
・紫外線吸収剤
・ナノ粒子散乱剤
・シリコン
・エタノール
・パラペン
・合成ポリマー
・香料、着色料

【アフターフォローの有無】

やはり、有名な大手メーカーは何かあった時のアフターフォローがしっかりしています。

Sorry, comments are closed for this post.