わぁ可愛い♡魅力的な口唇が完成する「リップメイク」の基本

わぁ可愛すぎる♡魅力的な口唇が完成する「リップメイク」の基本のまとめ

▼落ちにくい口紅へ。まずは唇のコンディションをしっかりと整えてあげよう♪

「ポンポン塗り」ではなく、大人らしいきちんとしたリップの塗り方について復習していきましょう。

唇のコンディションを整えるためには日頃からしっかりとケアする必要があります。

土台となる唇のコンディションを整えるようにしましょう。いくら高級な口紅やグロスを使ったとしても、唇がガサガサだとうまくのらずにすぐに取れてしまうことにもなりかねません。

唇に油分や潤いを与えるためのリップクリーム。実はこれを下地としてしっかりと塗ることで唇が保湿された状態になり、その上からのせる口紅のノリが良くなったり発色が良くなるのです。

唇にリップクリームをたっぷり塗り、その上に唇サイズにカットしたラップをのせます。2~3分経ってからラップをはがし、皮が剥けているところは綿棒でやさしく取りのぞきましょう。

▼長持ちさせるため、リップクリームで保湿した後はティッシュで軽く油分をオフ♪

出典arine.jp

油分を多く含んでいることも多いので、その油分が口紅をはじいてしまうことも…!

リップクリームを塗ったあとは、軽くティッシュオフ!

軽くティッシュオフ(ティッシュペーパーを軽く唇ではさむようにして余分な油分をオフ)

唇のコンディションを整えてあげると口紅がしっかりと密着してくれて色モチが良くなりますよ。

口紅を塗っていく前に余分な油分はティッシュオフしておきましょう◎

▼コンシーラーを使い、理想の唇を再現する♪

リップコンシーラーを唇の数か所にポンポンとのせ、指でなじませることで、指の体温によってリップコンシーラーが柔らかくなり、唇に薄くのばすことができます♪

唇を理想の形に整えていきます。口角部分のくすみをコンシーラーでカバーすることで口角が上がって見えて顔全体の印象がパッと明るくなるのでオススメです。

唇の色を消すことによって、唇の色が口紅の発色を邪魔することなく、より“見たまま”の発色でリップメイクを楽しむことができるのです。

実は唇の色を消すこともできるのです。

肌に使うコンシーラーと同じように、赤みやくすみ、色ムラなどをカバーすることができます。

ぽってりした唇を整え、口角のあがったクールな唇を演出することもできます♪

▼魅力的な唇に仕上げるならリップライナーを活用する♪

出典i-voce.jp

テクについては自分の唇の色や形、状態に応じてオプション的に取り入れて。

口紅で輪郭を描くよりも、しっかりとしたラインを描くことができ、きちんとした印象に仕上げることができます。

しっかりと輪郭を描くことによって、魅力的できれいな唇になるのです。短期間で使い方にも慣れてくるので、試してみてもよいでしょう。

赤みベージュカラーのリップライナーで、上唇の山と下唇の中央だけ、輪郭の外側をオーバーめにとる

くすみピンクのリップを塗ったあと、同じくすみピンクのペンシルで、唇の上下輪郭をなぞります。角を取るように丸みを出しながら厚みをプラスしていくと、色っぽい印象に。

唇にふっくらとした厚みを持たせて、セクシーな色っぽリップに仕上げたいなら、リップラインをアウトカーブに描く「オーバーリップ」で決まり。

▼下地ができたら、口紅リップをやさしく口唇に乗せていく♪

流行中のグラデリップも簡単に再現可能。優しく指でなじませるのが最大のポイント♪

唇に直接スティックのまま塗る方法は、もっとも色の発色が鮮やかになります。女性らしさをもっとも感じる雰囲気ながらも、きちっと作り込まれたような隙の無さを感じさせないラフさもある。

このバランスがセクシーで、最も男性ウケが良い雰囲気を作る事ができると言えるでしょう。

左右の口角の1cmほど内側から唇の中央に向けてなぞり、輪郭をとる。山の部分は輪郭より外側を丸めになぞり、ふくよかな形に!

下唇は中央のみ、輪郭の裏側(下側)をオーバーめになぞる。

ツヤ感発色のリップを、輪郭から大きくはみ出さないように直塗り。リップライナーにも重ねるように。口角にもしっかり塗る

よりくっきりとした唇を演出したいときには、さっと重ね塗りをしてみると簡単に希望の仕上がりになります。

▼仕上げにもう一度ティッシュを軽く唇にあてて整えてあげる♪

ティッシュオフを活用。ティッシュで上から軽くおさえます。唇の表面がなめらかになってふっくらしたフォルムに♪

口紅を塗った後には必ずティッシュオフを。唇にティッシュを当て、同じ圧でフワッと手で軽く押さえるのがコツ。〝全体を均一に適量落とす〟のがポイント。

リップの持ちがよくないと感じるのなら、2度塗りをオススメします。

まず1度塗り後にティッシュオフをし、余分なリップを取り除きます。その後再度同じ工程で、上下の唇を塗っていきます。

顔全体を見て口元だけがキラキラと目立つような時は、唇の上に軽くティッシュをのせるだけでOKです。

▼さらに潤い感をアップできるリップグロスの使い方

グロスは、リップグロスと呼ばれることも多く、トロンとしたとろみのあるテクスチャーで、唇のツヤを演出してくれるメイクアイテム♪

いきなり全体に伸ばしてしまうとベタついてしまいます。中央に適量つけたグロスで唇全体を補うイメージで塗りましょう。

リップライナーで唇のふちを囲むようにして唇の形をはっきりさせます。そうすることで、リップメイクの持ちがよくなります!

口紅の前にグロスを使用するときは、透明グロスや薄いピンクカラーのグロスがおすすめ!

リップライナーで、口角から唇の山までをすこしオーバーに輪郭を取った後、グロスを軽くON。引いた部分にもグロスをのせたら、ぷるぷる豊満リップが完成!

唇に光沢感やツヤ感を与え、立体感を出すアイテム♡主に口紅をぬった後に使用され、唇をみずみずしくうるおして透明感をあげてくれます♡

Sorry, comments are closed for this post.